仮想通貨の確定申告

ここ数年で仮想通貨が浸透してきているのでネットのサービスの決済などで使用している人も多いでしょう。

現金を持つ必要がなくなるので日常生活の中ですごく便利になりますが、最近では投資目的で購入する人も増えてきています。

仮想通貨は株やFXと比較しても値動きが激しい事が多いので価値が低い時に購入すると多額の利益を生み出す事が出来ます。

それで億単位を稼ぐ億リ人と呼ばれている人も出てきています。

しかし仮想通貨で稼いだ時は所得になるので確定申告をしなければいけません。

特に会社員の人は会社がすべて行ってくれるので自分で確定申告を行った事はないでしょう。

そこで初心者でも分かるように仮想通貨の確定申告の基本的な方法について見ていく事にしましょう。

■仮想通貨で確定申告が必要になる場合は?

日本では所得を得た場合は税金を納めなければいけないという法律があります。

仮想通貨で稼いだ所得は基本的に雑所得に分類されるので会社員の人はん年間で20万円以上の利益が出たら確定申告をしなければいけません。

また家族の扶養に入っている場合も年間で33万円以上の利益が出たら確定申告をしなければいけません。

仮想通貨で所得を得ていて確定申告をしない場合は税務署の調査で見つかる可能性もあり罰せられるケースも多いです。

バレないと思って確定申告をしない人も中にはいますが、必ず行うようにしましょう。

■仮想通貨の利益の計算法は?

仮想通貨を購入する時は取引所に口座開設をしますが、複数の取引所を利用しているとどのぐらい利益が出ているのか分からなくなる事も多いです。

それで確定申告をする時に困ってしまう事もありますが、計算する方法があるので見ていく事にしましょう。

  • 移動平均法

    移動平均法は仮想通貨を取引所で購入する時に取得価額と残高を平均してから所得を計算していく方法になります。

ビットコインを購入した時は1BTCの平均額を出してから取得価額と売却金額の差額を所得として計上します。

  • 総平均法

    総平均法は仮想通貨を取引所で購入した1年間の平均レートで取得価額と売却金額を出して差額を所得として計上していく方法です。

    仮想通貨の利益の計算法は移動平均法と総平均法の2種類あるので確定申告の時期が近づいてくる前にどちらかの方法を選択して計算しておくようにしましょう。

    ■確定申告はいつ行えばいいの?

    会社員として働いている時は会社がすべて行ってくれるので確定申告がいつ行われているのか分からない人も少なくないでしょう。

確定申告の初心者の場合は仮想通貨で利益を出した時に困ってしまう事も多いです。そこで確定申告の行う時期について見ていく事にしましょう。

  • 期限は2月16日から3月15日まで

    確定申告は毎年2月16日から3月15日までが期限となっています。この時期に税務署に行くとスタッフがいろいろ教えてくれるので確定申告をする事が出来ます。

またネットでも確定申告をする事が可能ですが、初心者の場合は分からない事が多いのであまりおすすめする事は出来ません。

仮想通貨で利益を出した時はまず税務署で2月16日から3月15日までの間に確定申告をしましょう。

  • 期限の始めと終わりは混雑する事が多い?

    確定申告は2月16日から3月15日までの間に税務署で行う事が出来ますが、期限の始めと終わりの時期は混雑する事が多いです。

特に高齢者が多いのですごく時間がかかってしまう事もあります。仮想通貨で利益を出した時は2月25日から3月5日ぐらいの間の期間に税務署に行って確定申告を行うのがおすすめです。

■青色申告と白色申告はどちらがいい?

確定申告は65万円控除がある青色申告と特別控除なしの白色申告があります。青色申告は65万円控除がある分複式簿記により帳簿を記録しなければいけません。白色申告は特別控除なしなので簡単な帳簿を付けるのみでOKです。

仮想通貨で利益が出た時は雑所得に分類されるので所得が大きいほど課税される金額が大きくなります。

特に4000万円以上の利益が出た時は45%も課税されてしまうので約半分が税金になってしまいます。

仮想通貨で多額の利益を出した人は65万円控除がある青色申告で行った方がいいです。またそれほど利益が大きくない場合は手間がかからない白色申告で行った方がいいです。

■まとめ

いかかでしたでしょうか。

仮想通貨の確定申告の基本的な方法はこのようになっているので実際に確定申告をしなければいけない人は参考にしてみましょう。

また仮想通貨で多額の利益を出して確定申告をしていない場合は税務署にバレると重加算税が加算されてしまいます。

多額の利益を出した時は通常でも45%課税されるので重加算税が加算されると利益のほとんどがなくなってしまいます。

多額の利益を出して使ったりしてしまうと支払えなくなって借金をする事になる可能性もあるので注意しなければいけません。

分からない事があったら税務署のスタッフがしっかり教えてくれますしネットでもいろいろな解説記事も掲載されています。

初心者でも出来るようになっているので期限を守って確定申告を行いましょう。