2017年以降、爆発的な収益をもたらすことで知られ始めたのが仮想通貨です。

日本にも取引所が多く開設され、有力な投資対象として注目を集め続けています。

そんな仮想通貨はスマホのアプリで簡単に取引できるのが大きな特徴です。国内の取引所や証券会社が取引用のアプリを提供しており、それぞれのアプリには特徴があります。

ここでは、そんな仮想通貨向けアプリのメリットとデメリットについてご紹介します。

取引所アプリ

取引所アプリとは、仮想通貨の取引を仲介する仮想通貨取引所が提供する公式アプリです。

使用に際しては取引所への口座開設が必要になるのが原則ですが、インストールさえすれば、アプリから直接仮想通貨の購入が可能になります。

取引所アプリを1つ入れておけば仮想通貨の売買が可能になるので、ビットコインのような代表的な通貨のみをトレードする場合、1つの取引所アプリでニーズを満たせます。

①Zaif(ザイフ)アプリ

Zaif(ザイフ)アプリは国内の仮想通貨取引所、「Zaif(ザイフ)」の公式アプリです。
Zaifアプリのメリットは、シンプルな取引画面と手数料の安さです。
Zaifでは取引手数料がマイナスに設定されており、相場変動が無いという前提であれば、取引すればするほど仮想通貨が増えるシステムとなっています。
取引手数料を無視できるので、コインの大量購入や頻繁に売買することも問題なく、トレード機会が多いユーザーは大きなメリットに恵まれます。

ただ、Zaifアプリについてはシステム上の問題が指摘されています。
2段階認証によりセキュリティの強化が図られていますが、正しいパスワードを入れてもログインできないケースが生じており、取引機会を逃すデメリットもあります。
この不具合については修正されつつありますが、Zaifユーザーの中にはアプリ経由ではなく、ブラウザ経由でトレードしている人もいます。

②bitFlyer(ビットフライヤー)アプリ

国内最大の取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)の公式アプリです。
bitFlyerアプリの最大のメリットは、実際に仮想通貨を決済手段として用いる機能が付与されている点です。
家電量販店のビックカメラでは既はbitFlyerの決済システムが導入されており、ビットコインといった仮想通貨でビックカメラの家電商品を購入することが可能です。
また、bitFlyerに口座を開設していないユーザーでも、各種コインのレートチェックが出来るので、初心者が試しに使用してみるといった使い方も可能です。

bitFlyerアプリのデメリットとしては、取り扱い対象の仮想通貨が少ない点です。
リップルやXEMといったメジャーな通貨を取り扱っておらず、投資先の選択肢が限られています。
また、システムが重く、取引完了まで時間がかかる点もデメリットとして指摘されています。
相場の急変時に売買価格差であるスプレッドが開きやすく、発注からオーダーが通るまで数分の時間を要する場合があるのです。

仮想通貨FX系アプリ

仮想通貨は株や外国為替相場と同様に、取引相場が形成されています。
日々、取引価格が変動し、その価格に応じて売り買いする事、つまり指標取引が仮想通貨でも可能です。

この仮想通貨の価格変動に対して売り買いするのが仮想通貨FXです。
仮想通貨FXでは、相場価格を取引材料にするので現物を保有しません。なので、実際に仮想通貨で物を購入したり、仮想通貨を他人にあげる、ということが出来ない点がデメリットです。

一方、現物を保有しないので簡単に空売りでき、相場の下落時でも収益獲得が目指せるというメリットがあります。

①ビットレ君(GMOコイン)アプリ

「ビットレ君アプリは」証券会社のGMOによる仮想通貨FXアプリです。
外国為替証拠金取引のFX取引高で国内最大手のGMOによるアプリなので、システムの健全性に定評があります。

またFX取引なので、短期売買に向いており、デイトレードというような取引の仕方が可能で、取引機会の分析に役立つ各種テクニカル図の描写も可能になっています。

②DMM Bitcoinアプリ

こちらも外国為替証拠金取引で長い実績を誇るDMM提供による仮想通貨アプリです。
このDMM Bitcoinアプリが特徴的なのは、現物取引とFX取引の双方を兼ねている所です。
現物取引できるのはビットコインとイーサリアムに限られます。購入できる通貨が限られるので、分散投資したいユーザーにとってはデメリットとなります。

一方、FX取引であれば、リップルやライトコインなど計7種類の通貨の取引が可能です。
さらに、仮想通貨FXであればレバレッジ取引が可能になります。
レバレッジ取引は証拠金取引のことで、ユーザーの口座残高以上の仮想通貨の買い付けを可能にするものです。
ユーザーの目論見通りに相場が動けば大きな収益獲得も目指せます。
そして、DMMはGMOと同様に外国為替取引において実績のある証券会社なので、アプリは相場が見やすく、取引しやすいものとなっています。
仮想通貨や金融取引の初心者でも直感的に取引できるようになっており、取引時のハードルが低いのが大きなメリットです。